ワキガの臭いを減らす入浴方法!少し気を付ければニオイ激減

シェアする

ワキガだから臭い。臭いニオイを取るために、お風呂でゴシゴシ洗っちゃう。

皮膚の雑菌が原因って聞いたから殺菌力の強すぎるボディーソープを使っちゃう。

そんなダメな入浴方法を実践していませんか?

ワキガでも、加齢臭でも、体臭でも、ニオイが臭いのは一緒。

それをどうやって「いい香り」に変えていくかは、入浴中の少しだけの努力で改善できちゃうって知ってました?

デオシーク

臭いからこそ入浴を大事にする理由

ニオイがあるからこそ、お風呂でキレイにして臭いを消していく事が大事なのは皆さん知っています。

けれども、体を洗う事だけを気にしすぎて湯舟につからない人がいます。

実はコレが一番のNG

湯舟につかって、身体から「汗を出す」ことで体内にたまったゴミを外へだしているんです。

お風呂につかるのは、めんどくさいと思っていませんか?

お湯を張ってゆっくり入浴していてもヒマだから、すぐ上がっちゃうって経験がある人も多いはず。

ワキガの人が「湯舟ですること」☆ ニオイが出る所をマッサージ

☆ 長く湯舟につかって汗をかく

☆ リラックス状態をつくって体臭の原因を減らす

においで悩む人ほど、湯船にゆっくりつかって臭い対策をすべきなんです。

シャワーで体を洗うだけとか、湯舟につかるのは少しだけとか、ニオイに悪い入浴剤を使っているとかしていませんか?

ちょっと気を付けるだけで、アナタの臭いも劇的に改善できるのが「お風呂」の魅力です。

体臭や加齢臭で悩む人も「お風呂」でニオイ対策をしているんですよ?

ワキガの人も「お風呂のニオイ対策」を実践していきましょう!

最初に「やさしく体を洗う」

湯舟につかる前に、体を洗いましょう。

汚れた体で湯舟につかると、お湯が雑菌まみれになってしまいますからね。

お湯につかる前に体をキレイにしておきます。

ですが、その時に「体をゴシゴシ洗う」のはNGなんです。

皮膚を強くこすってしまうと、皮膚上の雑菌だけではなく「皮脂」や「皮膚」を削ってしまいます。

無くなってしまった分を補充しようとするのが、体のスゴイところなんですが、過剰に洗ってしまうと

皮膚「あれ?今日は皮脂が全くないぞ!?明日のためにいっぱい出してやろう!」
翌日 ⇒ 顔がテカテカ、お肌ヌルヌル

こんな事になるんですね。

これが続くと、過剰な分泌が続いてしまいますから、ますます油ギッシュな状態になっていきます。

「ちょっとアノ人・・・油テカテカだし臭いし・・・」

なんて事になります。

ボディーソープをたっぷり泡立てて「タオルと肌の間に泡を入れる」

やさしく体を洗うと言われてもピンとこない人もいますから解説しておきます。

タオルでゴシゴシ洗うのはNGですが、手で石鹸を塗りつけるのもNGです。

やさしい体の洗い方1、体をシャワーなどで流す(流すだけで落ちる汚れをおとす)

2、手とタオルでボディーソープをたっぷり泡立てる

3、体とタオルの間に「泡の層」を挟むイメージで優しくこする

4、やさしいシャワーで流す(強い水流は過剰に洗い流してしまうため)

洗顔の仕方に近いと思いませんか?

顔を洗うときのように、やさしく注意して洗ってあげることで、体もキレイになってくれるんです。

ゴシゴシあらったり、強めのシャワーを直接かけたりすると、過剰な皮脂の分泌を招いてしまい雑菌の繁殖の原因になるのでご注意を。

湯舟にゆっくりつかってデトックス効果!

お風呂にゆっくり入ることは、体内の老廃物を汗と一緒にだしてくれることにつながります。

ぬるめよりは「少し熱いかも?」くらいのお風呂の方が汗をかきやすくなり効果的です。

ずっと肩までお湯につかるよりは、半身浴や、出たり入ったりを繰り返すことで新陳代謝が活発になって体調管理に役立ちます。

お風呂に入ってる時には「リラックス」することで、加齢臭や体臭の原因にもなってしまう「乳酸」を減少させる効果があると言われています。

乳酸を減らすことで体内からの臭いを減らすことが可能ですから、お風呂はリラックスして入りたいですね。

入浴中は適度なマッサージをしよう!

湯舟に使っている時に、何もしないのはリラックスするために必要かもしれませんが、少しだけ体を動かしましょう!

臭いが出ている箇所をマッサージすることで、その場所に溜まった臭い分泌液を外に出します。

少しモミモミするだけで大丈夫です。

該当部をマッサージすると体内が刺激されて血行が良くなります。

この時を狙って、体内に溜まった臭い元を外へ出しちゃいましょう!

のぼせる前に上がること!

ニオイ対策するから!と言っても長湯は厳禁です。

のぼせる前に上がりましょう。

わざわざ飲み物をもってお風呂に入る人もいますが、長湯しすぎると疲れます。

お風呂って意外に体力を使うものなんんです。

ほどほどに「気持ちよくリラックスできる」くらいの時間で構いません。

上がりたいと思ったらあがりましょう。

※ある程度「汗をかく」「湯舟でマッサージ」など一通りしてからあがりましょう。

お風呂のお湯は適度に変えて効果倍増

1回の入浴で、汗をしっかりと流して臭いものをだすからこそ、お風呂のお湯はこまめに変えていきましょう。

水道代を考えると、もったいないような気がしてしまいますが、そのお湯に2日目もつかりたいですか?

洗濯にも使いたいですか?

そんなアナタには!

入浴剤を入れて2日目のお風呂を楽しみましょう!

入浴剤と言っても市販のものを使うわけじゃありません。

ワキガ対策の入浴剤☆ ミョウバン水

☆ 備長炭

 重曹

ニオイ対策に効果があると言われる「入浴剤代わりに使える」ものです。

使ってみると実感できると思いますが、ニオイが良くなった感じがしてきます。

何回かお風呂のお湯を変えずにいくなら入浴剤代わりに入れてみるのもいいと思います。

※市販の入浴剤はニオイが強いためワキガの人には悪臭になる可能性があるので注意

重曹なら洗濯にも使える?

先ほどの入浴剤ですが、1つだけ洗濯用洗剤の代わりに使っても効果の高いものがあります。

おわかりですね?

そう!重曹です。

汚れ落としや、ニオイ消しに万能な重曹だからこそ、そのまま洗濯水に使っても大丈夫!

お風呂のお湯がもったいないと思う人は、重曹お風呂にしてみてはいかがでしょうか。

※重曹をいれても変なニオイがするときは素直に捨てましょう

タオルは天然素材で肌にやさしく

体を洗う事に使うタオルも気にすると、肌をキレイでスベスベな状態を長く保つことが出来ます。

色々な素材のタオルが出ていますが、触り心地が良くてなおかつ肌にもやさしいのは天然素材で出来ているタオルに多いです。

できるだけ天然素材のタオルで体を洗うようにしましょう。

せっけんやボディーソープも気にしよう

実は、ボディーソープも肌にやさしいタイプと、そうじゃないタイプがあるって知っていました?

色々な成分が入っているボディーソープだからこそ肌にやさしい物を選びたいですよね。

ただし、ワキガの人は「除菌力」にも注意しないといけません。

皮膚上の雑菌を減らしていかないと、いつまでたってもニオイが消えないんです。

ワキガ専用のボディーソープを使用すると効果的に対策が可能になります。

ワキガ用ボディーソープは肌をスベスベにする

肌を健康にピチピチの状態にすることが一番ニオイ対策に良いって知ってました?

化粧品関係をつかって無理やり状態を維持するんじゃなくて、お風呂上りの自然な状態でピチピチすべすべなお肌を作るんです。

肌を健康な状態にすることで、ニオイの元になる皮脂や雑菌も減って嫌なニオイが無くなっていくんです。

オススメのボディーソープはコチラ
お子様のニオイ対策

まとめ

ニオイ対策の入浴方法を簡単にまとめると

ワキガ対策入浴方法まとめ1、泡で体を洗う

2、湯舟につかってリラックス

3、入浴中に患部をマッサージ

4、お風呂の入浴剤には重曹

5、使うタオルは天然素材

6、ボディーソープにもこだわってお肌スベスベ

普段から気を付けて入浴することで「肌の質」が変わってきます。

今までゴシゴシ洗ってた人なんかは、顕著に変わってくるはずです。

ニオイ対策の入浴方法は難しくはありません。

重曹や、ニオイ対策用のボディーソープといったアイテムさえそろえてしまえば、湯舟に使ってリラックスすればいいんです。

今晩の入浴から試して「良いニオイ」を手に入れてくださいね。

お風呂上りから寝る間にする対策も気になる人は

 お風呂上りから寝るまでにするニオイ対策!