超簡単な「すそわきが」を自分でチェックする方法と解決手段!秘訣は洗い方

シェアする

まさかワタシってくさい!?「すそわきが」かもしれない!と思っても、誰かに相談するのは抵抗が強すぎます。

普通のワキガなら、苦渋の決断から友達に「ワタシって・・・ニオう?」と聞くことはできますが、「すそわきが」は外陰部腋臭症ともいうようにデリケートゾーンのワキガなんです。

パートナーが何も言ってこないのは「もしかしたら傷つけちゃうかもしれない」なんて思っているからかもしれません。

ワキガ自体も気が付きにくいと言いますが、すそわきがを確認する方法を調べてみました。

簡単にチェックできますので「まさか・・・パートナーと別れるなんて・・・」となる前に自分でチェックしていきましょう!

デオシーク

VIOゾーンから独特のニオイ

ワキガ体質の人は、アポクリン汗腺がVIOゾーンに多くあります。

ワキガ体質ではない人も、アポクリン汗腺はありますが、より発達している感じなんですね。

ワキガ臭の原因とメカニズムはコチラから確認してみてください。

⇒ ワキガのニオイはココから発生していた!?

アポクリン汗腺からの汗が出ていると、それを原因にしてワキガ同様の独特の臭いが発生します。

VIOゾーンとはVライン: 前から見ると、小さい下着からはみ出して見える部分

Iライン: 陰部から肛門までの部分

Oライン: 肛門周辺の部分

デリケートゾーンとも言われるVIOゾーンですが、普段から下着や衣類で人目に触れないようになっていますよね。スカートを履いていても「風通しが良い」ことはほとんどありません。

どちらかと言えば、わきの下の方が「風通しが良い」くらいです。

このせいもあって、ワキガじゃない人にも、すそわきがになる可能性が広がっているんですね。

ワキガなら周りから指摘されるケースや、周りの反応から違和感を感じるケースがありますが、すそわきがの場合はパートナーから教えてもらう以外には自分からニオイを嗅ぎませんよね。

知らないうちにワキガのような独特のニオイを発生させていく事になっています。

アポクリン汗腺からの汗が下着に染み込んでニオイの元を拡散させてしまっているんです。

自分でスソワキガを調べる方法

直接ニオイを嗅ぐことが出来れば判明する確率はかなり高くなります。

ですが、顔を近づけやすい「わきの下」と違い、VIOゾーンへ顔を近づけることはムリです!

よほど体が柔らかければ可能ですが、運動不足に陥りやすい大人には体の柔らかさを求めるのは無理でしょう。

普段ニオイを感じることがない部分ですので、臭いを嗅ぐことが出来れば1発でわかります。

もしもアナタがワキガでスソワキガの臭いも同じだった場合は気が付けません。

 

 

自分のニオイには鈍感になっていますが、鼻から遠い部分であれば顔を近づけてニオイを感じることが可能です。

もし鼻を近づける前に、ニオイを感じることができればアナタは中度以上のニオイを発していることになります。

パートナーはかなりガマンしている可能性が高くなります。

手で触るのはNG!!!

ついついやってしまいがちなのが、手で触ってニオイを確認する方法になります。

一見キレイに見えても、手や指には大量の雑菌やバイ菌がいます。汚れているんです。

指で直接VIOゾーンのニオイを確認するのはやめましょう。

石鹸でキレイ洗った後なら、手が清潔になりますが石鹸のニオイがついてしまうんですよね。

ニオイのしない石鹸があればベストです。なければ違う方法を試していきましょう。

脱脂綿でニオイを吸わせる

汗をしみこませるくらいの量をとって使います。

ニオイを嗅ぐことが出来ればいいので、一掴みくらいの量があれば十分です。

臭いと疑わしい所の、皮膚や毛から汗を吸い込ませます。

5分~10分ていど該当部分に当てておけばニオイが染み込んでいるはずです。

ガーゼや布でニオイを吸収

ガーゼは、やわらかくニオイを吸収させるのに向いています。

ハンカチ程度の大きさだと使いづらいので、4つ折り程度にしてから該当部分へ5分~10分ていど当てていきます。

着替える前の下着でチェック

お風呂に入る前や、寝る前の下着で確認します。

1日中履いていた下着は、ずっと該当部分に触れていますのでニオイがあれば吸収しています。

脱いですぐ嗅いでもわからないときは、お風呂に入る前にビニール袋などで密閉しておきます。お風呂上りにニオイを嗅げば間違いなくわかります。

毛の色でチェック

毛が生えている部分が、黄色・茶色などに変色している場合はニオイを出している可能性が高くなります。

アポクリン汗腺からの汗は、時間がたつと色が変色していくんですね。

皮膚についているだけでは判断が出来ませんので、下着などに仕込んだ「汗の色」で判断していきます。
生理中のおりものとは違ったシミで色が変わっているなら注意です。

アポクリン汗が原因のニオイを確認

ワキガの特徴的な臭いは色々な表現方法がありますが、特徴的なのは3つになります。

ワキガの特徴的な臭い☆ 古い雑巾のような「すれた」臭い

☆ スパイスのクミンのような「刺激のある」臭い

☆ 温泉の硫黄のような「腐った卵」の臭い

アポクリン汗腺が、あまり発達していない人の場合は判断が難しくなります。

少量のアポクリン汗腺からの汗ではニオイの判断が微妙になります。

エクリン汗腺からの汗とは違い、暑い時にでる汗ではないんですね。

アポクリン汗腺からの汗がでるのは☆ 興奮したとき

☆ 緊張状態のとき

☆ 極度のストレス状態のとき

暑くなくても汗が出るときですね。

冷や汗・緊張でわきの下が濡れる・性的興奮などの場面ではアポクリン汗腺から汗が出ています。

もしも、そんな場面に遭遇しなかったら「ワキガかどうか」「スソワキガかどうか」なんてわかりません。

緊張状態や、極度のストレス状態を作り出すのはむずかしいですが、興奮状態なら比較的簡単に作り出すことができます。

アポクリン汗腺からの汗がフェロモンの役割を果たしていたこともありますから、性的興奮時に汗がでてくるんです。

性的興奮状態にしてみて確認するのが一番早いかもしれません。

ワキガチェック(アポクリン汗腺の汗)

先ほどの興奮状態で出した汗を確認していきます。

この汗の状態で簡易チェックができるようになります。

本格的に確認したい人は

⇒ 自分がワキガかどうか確認してみる

コチラへどうぞ

アポクリン汗腺からの汗が1、ヌルヌル・ネバネバなどの粘着性がある

2、そのままにして置くとニオイが出てくる

3、真っ白の布やガーゼが変色(黄色・茶色)

この条件にあてはまった人はワキガの可能性が大いにあります。

自分のニオイに気が付けなくても、周りはワキガと認識してしまうんです。

「もしかして?」と思ったらトイレに駆け込んで汗を確認してみてください。きっと冷や汗をかいて色が変わっているかもしれません。

普段はまったくニオイがしないのに、興奮時やストレス時にニオイがするようであれば、軽いワキガになっています。

常時ニオイを出してしまう重度のワキガになる前に対策しないと「ワキガ認定」されてしまいます。

身体を不衛生にしていても臭いは出る

デリケートゾーンは、ただでさえムレやすく、尿・汗・垢が密閉されて同居しています。

もちろん、雑菌が見逃すはずもなく、大量に繁殖して臭いの原因になる可能性は高い場所なんですね。
日頃から正しいケアをしていく事で、キレイでツヤのある「ニオイの少ない肌」になっていくんです。

ゴシゴシ洗うのではなく、優しく泡で包み込むようにあらっていくんですが、実践できる人は多くありません。ついついゴシゴシ洗って、過剰な皮脂の分泌をしてしまうんです。

特にデリケートゾーンですから、泡で包みこむように洗ってあげるのが効果的です。

皮膚と皮膚の間の部分は、キレイにした指先で垢などがたまらないように洗ってあげてください。

少しの心がけで、肌のハリやツヤが良くなりニオイを少なくなります。

恥垢の臭い

男性の場合は尿道球腺液(カウパー腺液)、女性の場合はバルトリン腺液などの分泌物・尿が固まって強い臭いを発します。

ワキガやスソワキガとは違いますが、不衛生にしていると雑菌が増えてワキガを増長させる原因になってしまいます。清潔のために、すみずみまで洗うようにしましょう。

酸っぱい臭いや、イカ臭い臭いはこちらの可能性が高いです。

衣類の上からでもニオイが出る人もいますから特に気を付けておきましょう。

おりものが臭い

おりものに多少のニオイがあるのは大丈夫です。膣や子宮頚管からの様々な分泌液と、膣壁の古い細胞が混ざり合った液体が「おりもの」です。

健康であればこそ「おりもの」が出てくるんです。

おりもの自体は細菌の繁殖を防ぎますが、排卵日前後でホルモン関係に変化があるため、酸っぱいようなニオイに代わっていきます。

ですので、排卵日前後で「酸っぱいニオイ」ならセーフなんです。

しかし、「魚が腐ったニオイ」「生臭い」「わきがのようなニオイ」の場合には雑菌が繁殖している可能性があります。

陰部で雑菌が繁殖してしまうのには、不衛生にしていたことも要因としてありますが、必要以上に洗いすぎておりもののバリア効果を0にしてしまうことでもなってしまいます。

色が変色していたり、異臭がしている場合には病気の可能性もありますから、病院を受診することをオススメします。

生理の臭い

生理時の経血は、おりものに血が混じっているものなんですね。

おりもの自体のバリア機能もありますが、生理中にデリケートゾーンがナプキンで覆われることでムレて雑菌が繁殖します。

生理中はアポクリン汗腺も活発化しているため、すそわきがのニオイを出すのには十分な条件が整ってしまいます。

長時間安心だからと、そのままにせずに、適度に交換して清潔にたもつことでニオイの発生を抑えることが出来ます。

ニオイ対策ボディーソープで清潔に!

ワキガは普通に洗っただけでは落ちにくいです。

専用に開発されたボディーソープを使う事で清潔に肌をたもつことができるんですね。

実は、ニオイ対策のためには肌の保湿機能も高める必要があります。

肌をツルツル・潤いのある状態に保つからニオイ対策になるんです。

⇒ デオシークボディーソープはコチラ

これを使って、簡単にニオイ対策をしながら、肌に潤いをたもつ方法があるんですね。

これを継続することで、見た目もニオイも満足できるようになりませんか。

短期間の対策ではなく、ニオイと一生付き合っていくためには「ワキガ専用」となっているデオドラントやクリーム・ボディーソープを使う必要があります。

長く良い匂いでいたいなら、是非とも使ってみてください。

すそわきがチェック方法のまとめ

病院にいっても確実にわかるわけではありません。

ドクターの鼻にかかっています!鼻づまりのドクターにはニオイがわかりません!

病院だから「確実にわかって治療方法があるはず」と思われがちですが、そこは人力(マンパワー)なんですね。確実にはわかりません。

自分で簡易チェックをしながら、体を清潔に保っていくことが大事なんです。

もしも、ニオイが気になるなら「ワキガ専用クリーム・ボディーソープ」を使うのが体臭全般の抑臭につながります。

自分のニオイが「やばすぎる」と感じるなら、病気の可能性もありますから病院を受診することをオススメします。

病気を疑うなら、まずは産婦人科から受診してデリケートゾーン関係に病気が無いことを確認するのが良いでしょう。

その後でニオイが気になるなら、皮膚科や美容クリニックの受診になります。

もちろん手術は高額になりますから、傷跡と費用のリスクが納得できるなら手術を選択してもよいと思います。

ソコまでじゃないなら、ワキガ対策デオドラントがおすすめです。