すそわきがとは?原因と対処方法

シェアする

わきが(腋臭)は、わきの下からの臭いの事をさします。

鼻にツンときて、長く残る臭いに嫌悪感をいだく人も多いです。

しかし、わきの下以外からも臭いが出る箇所があるんです。

わきが(腋臭)の原因は、アポクリン汗腺とエポクリン腺からの分泌液が混ざり、そこへ雑菌が繁殖すると臭いが強烈になっていきます。

わきの下からだけではなく、他の場所からもわきが(腋臭)のような臭いがしてくる場合は「すそわきが」の可能性が高くなります。

すそわきがの臭いを発生するプロセスは、わきが(腋臭)で臭いが出てくる仕組みと同じくなります。

汗と雑菌が混ざり合う事で強烈な臭いとなっていきます。

デオシーク

「すそわきが」になりやすい場所

わきが(腋臭)と同様の仕組みの症状になりますので、アポクリン汗腺がある場所で症状が出てくる可能性があります。

主だったアポクリン汗腺の場所は、わきの下、陰部、乳首の周り、耳の中になります。

耳の中以外は思春期ごろから徐々に臭いを発生させるケースが多くなります。

これは第二次成長期での体の成長で、大人の体に近づくことがホルモンバランスを活性化させていくからですね。

しかし、耳の中にあるアポクリン汗腺は、子供の頃からあります。

子供の耳が臭い場合や、耳垢がベタベタする場合には後々わきが(腋臭)を発症する可能性もありますので適切なケアをしていきましょう。

大人の場合は、わきの下、陰部、乳首の周りの様な性的な箇所に多く見受けられます。

これは、大昔は臭い等のフェロモンで相手を誘惑していた事に由来していきます。

普段と違う臭いを発生させる事を発情の目印にしていたわけです。

時代の流れに伴って、嗅覚を刺激する方法から、視覚を刺激していく方法へ変わってきました。その名残が残っているために、性別の違いを認識しやすい箇所でわきが(腋臭)のような臭いの原因になっていたのです。

すそわきがの対策は?

デリケートな場所に多いのが「すそわきが」です。

確実な方法は、アポクリン汗腺を破壊してしまうことですが、もちろんリスクが伴います。

アポクリン汗腺を破壊してしまえば、わきが(腋臭)の原因の大半を対処できますが、手術の際についた「傷」が残ってしまうケースがあります。

コレばかりは、担当ドクターの腕次第になってしまいます。

現在では、傷跡が視認しにくい手法も確立されています。

効果の期待値は高い手法になりますが、傷のリスクがありますので、慎重に検討するのがよいでしょう。

手術の場合

治療の方法として挙げられる手法はいくつかあります。

効果が高い手術の方法ほど、効果の期待値が高く、傷を残しにくい傾向にあります。

1か月 ~ 数か月分の給料を超えるような金額が必要になってきます。

・マイクロウエーブを使う手法

皮膚を切開せずにマイクロウエーブを照射することで汗腺を破壊する方法です。

切開をしないため、切開による傷はありません。

・切開して汗腺を削除する方法

皮膚を切開した後に、ローラーとカミソリがセットになったような器具を挿入してアポクリン汗腺を削除する方法です。

切開をするため、傷口が残ってしまうケースもあります。

・吸い出す方法

こちらも同様に切開をするところから始まります。

小さな掃除機の管のような器具で、アポクリン汗腺を吸い出します。

超音波を使ってさらに効率よく吸い出す方法もあります。

・注射での治療方法

薬剤を注射することで、汗の分泌を抑制することを目的とした手法になります。

わきが(腋臭)の治療ではなく、「多汗症」患者向けの治療方法となりますが、汗を抑制すれば、すそわきがにも効果が出る事が期待できます。

しかし、臭いの程度によっては、たいして効果が出なかったケースもあります。

軽度の方向けといけるでしょう。

また、完治を目指す手法ではなく、対処療法となります。

数か月で効果が切れる事になりますので、通院で通うか違う手法で完治を目指す必要があります。

・超音波での治療

傷が残ってしまう治療や、定期的に通院が必要な治療方法が主流でしたが、皮膚を切開することなく少ない治療時間ですむ方法があります。

それがウルセラドライという手法です。

しかし、これだけでは一部の場所で照射が難しい場所があります。

粘膜部などは照射できないんですね。

これを可能にするのが、ペアドライも使う合わせ技での治療方法です。

皮膚を切らずに、痛みもほとんどなく、アポクリン腺のある部位はすべて照射できます。

治療費は高額になります。

手術のリスク

手術をすれば、効果の期待値は高いのですが、リスクが依然として残っている形になります。

・傷跡が残ってしまう

・費用が高額になる

・毛が生えてこなくなる

・再発してしまう

人によっては、一度除去しても再度汗腺が発達してしまうケースもあります。

主には、未成年や成長期の場合になりますが、あまりに手術をする時期が早いと再発のリスクがありますので注意が必要です。

また、医者も人ですから、汗腺をすべて除去出来ていなかったケースもあります。

毛穴よりも小さい汗腺を目視で見つける事なんて出来ますか?見えませんよね。

さらに、費用の面でも高額になってきます。

健康保険適用になるのは一部の症例だけのため、病院での手術代を全額負担になるケースを想定しておいた方がよいでしょう。

1万円や2万円ですむケースは少なく、大抵の場合は高額になります。

少なくとも20万円、30万円は覚悟しておきましょう。

効果が高い治療では、高額が医療機器を使っているケースが多くあります。

費用が高いからといって必ずしも高額なるわけではありませんが、機械の費用で高いなっているケースがほとんどです。

費用が高い治療方法を選ぶという選択肢もあります。

費用を抑えるなら

費用を抑えて臭いを防ぐ方法もあります。

根本的な治療を目指すのではなく、現在の状態で、他人への臭いの流出を抑えていく手法になります。

一番大事なことは、体を清潔にすることです。

お風呂に入る事はもちろんですが、汗をかいた時にそのままにしたり、不潔な状態にしてしまう事は避けましょう。

汗が出てくる事は防げませんが、雑菌の繁殖を抑えることは出来ます。

・清潔にする
・脱毛する
・クリーム等のデオドラントを使用する

デオドラントアイテムは、スプレーでの短時間の消臭よりは、クリーム等を使用して長時間の効果を期待した方が手間が減ります。

すそわきがの治療は、デリケートな部分を含むために高額なるケースが見受けられます。

高額な治療を受けたからといって100%治るわけではありません。

もちろん、治るケースもあります。

人よって効果が薄い人もいるんですね。

だからこそ、どこまでの効果なら妥協できるかを考慮して治療方法を選択するのがよいでしょう。

とりあえずと、先延ばしをするなら、すそわきが対策クリーム等を使っていくのがベストですね。

 

デオシーク公式サイトはコチラ