お風呂上りにワキガのニオイを消す方法【入浴後~就寝中の対策】

シェアする

1日の疲れをとるために入るのが「お風呂」ですが、ニオイ対策中の人には1日のうちで一番重要な時間になってきます。

「汗をかいたから、とりあえずシャワーを浴びる」

こんな入浴方法をしていたんじゃワキガの臭いを悪化させる原因になっています!

そもそもワキガって、(アポクリン汗腺の分泌液)と雑菌が混ざってクサイ臭いになっているんです。

汗と雑菌の関係について詳しく知りたい人はコチラから

⇒ ワキガの原因は汗にあった!ニオイの原因を徹底解明!

ワキガで悩む人なら

ワキガのための 入浴時チェック項目★ 肌にやさしいボディーソープを使う

★ タオルは天然素材で肌にやさしいものを選ぶ

★ 泡立てて肌とタオルの間に「泡の層」を作って洗う

★ 40℃前後の湯舟に使ってデトックス効果

★ 入浴中は、ニオイ部分をマッサージして汚れを出す

★ 入浴剤は「酢」「ミョウバン水」「重曹」「備長炭」のどれか

★ 入浴のタイミングは「夜の寝る前に!」

こういった所をしっかり守っています。

ニオイの原因は、汗と雑菌にありますから、雑菌をなくしてから体内に溜まった汗を出して「臭い汗」を出し切る事が大事になります。

それでも入浴後に「ワキガが臭い」と感じるなら、洗い残しの可能性や、入浴でアポクリン汗腺が刺激され分泌液が出続けている状態だと思います。

※アポクリン汗腺の汗は、体温調節の汗ではありません!暑い時にでる汗とは「汗腺」が違います。

まだ臭いと感じるなら、再度お風呂に入って体内に溜まった汗を洗い流したり、重曹を入浴剤変わりにお風呂に入れて消臭してみましょう!

重曹の豆知識重曹は、お風呂掃除にも使われます。食べることも可能になっています。

体にやさしく、掃除にも最適な重曹を入浴剤代わりに使う事で

「ワキガの臭い消し」「排水管の汚れ落とし」「湯舟がピカピカになる」

こんな効果も期待できちゃいます!

ワキガのニオイ対策には「酢」や「ミョウバン水」でのお風呂もオススメされますが

お掃除も兼ねた「重曹お風呂」がトータル的に見て効率的です。

ここまで対策をしていけば、お風呂上りに臭くなることも少なくなってきます。

もしも、まだ臭うならどこかで間違えている可能性があります。

もう一度、先ほどの入浴時の項目を確認してみるといいでしょう。

デオシーク

お風呂上りは「体」をすぐに拭く!

冬場なら、お風呂あがりは体が冷えちゃいますから、すぐタオルで水気をふき取りますけど

夏場だと「暑いからいいや」と、体の水気に吹き残しがありませんか?

アポクリン汗腺のある、わきの下・耳内・乳首・陰部をしっかり拭いておかないと雑菌の繁殖原因になってしまいます。

しっかりふき取っておきましょう!

ふき取るときも、ゴシゴシふくのではなく、肌にやさしいバスタオルで優しくふき取りましょう。

入浴中のお風呂で体を洗うときも同じですが、ゴシゴシ洗ったり・こすったりすれば皮膚を傷つけてしまいます。

それが「過剰な皮脂の分泌」を招いてしまい雑菌のエサとなってしまうんですね。

雑菌にエサを与えたら増えます。そりゃもう臭い原因が増えまくります。

肌には「低刺激」でやさしいものを使うようにしていきましょうね。

バスタオルは毎日変えたい!

一人暮らしだったり、少人数家族だと毎日洗濯することがないでしょう。

2~3日に1回しか洗濯しない家庭や、男性の一人暮らしだと1週間に1回という話も聞いたことがあります。

ニオイ対策にはコレは厳禁です!

肌に触れるタオルや服は(ニオイのする部分)毎日交換してほしい場所になります。

雑巾って、水で洗って干しておいても「臭い」ですよね。

これは、水気がある部分で雑菌が繁殖してしまうからなんです。

モラクセラ菌が繁殖して、生乾きの嫌なニオイになっていたんですよ!

ということは?

生乾きのニオイがするバスタオルには「雑菌が大量にいる!」ことになりますよね。

そのバスタオルで、わきの下をふいてしまったら・・・。

雑菌を、わきの下に自分で擦り付けてしまっている様なものなんです。

せっかくお風呂に入ったのに、もう一度お風呂に入り直してください。

バスタオルを使うときのポイント★ 洗濯済みの新しいバスタオルを使う

★ 生乾きのタオルは、しっかり乾かさないと雑菌の住処になっている

★ 使ったタオルは、「洗濯」もしくは「干して乾かす」

お風呂あがりにかいた汗はふきとろう!

お風呂上りは、新陳代謝が活発になっていますから非常に汗をかきやすい時間帯になります。

体温調節でかいた汗は、ワキガの臭いにはなりません。全く別物の汗になります。

ですが、汗は雑菌のエサになってしまいます。

※体温調節の汗はエポクリン汗腺。ワキガの汗はアポクリン汗腺。

ニオイの原因にならないと思っていたら、雑菌の繁殖を助けてしまうため、結果としてニオイを出す原因をつくることになってしまいます。

お風呂上りの汗もほったらかしにせずに、キレイにふきとっていきましょう!

清潔な状態を維持することでバランスの取れた肌を作る!

いくら殺菌効果のたかいボディーソープや石鹸をつかっても効果は一時的です。

菌はそのうち増えてきますし、なくすことは出来ません。

※菌が全くいない肌は、不健康になります。ちょっとしたことで体調を崩したりマイナス効果が大きいです。

ですので、肌に常在している菌は「バランスを保つ」ことが大事なんです。

一時的に効果があるボディーソープや石鹸だけでは、効果が長続きしないんですね。

ワキガの第一人者の先生方も「ワキガクリームが効果的」と言うように、皮膚上の雑菌が過剰に繁殖しない様に、長い時間効果が期待できる「薬用ワキガ専用クリーム」が効果的なんです。

デオドラントスプレーなども効果は比較的短いものになります。

患部に直接クリームを塗りつけることが出来る「薬用ワキガ専用クリーム」だからこそ、余計な雑菌の繁殖を抑えてニオイを抑える効果が期待できるんです。

⇒ 当サイトおすすめのワキガクリームはコレ

パジャマや寝間着も気を付けて!こまめに変えてニオイ撲滅!

パジャマって毎日変えることは少ないと思います。

日中に着る服とは違い、数日に1度洗濯する家庭が多いようです。

ですが、寝ている間も汗はかいています。

そりゃもう結構な量をかいています。(パジャマやお布団が吸収しています)

気が付かないうちに寝ている布団が雑菌の巣になっているんです!

せっかく入浴中やバスタオル・ワキガクリームで対策、寝ている間に雑菌に囲まれていたら効果が半減しちゃいます。

布団は定期的に干すしかないとしても、パジャマ(上)くらいは毎日変えるようにしましょう。

パジャマ(上)のワキ部分に雑菌が溜まっていたら、どんな対策も寝ている間にリセットされているようなものです。

こまめにパジャマを変えることで、肌に雑菌が増えることを防止していきましょう!

まとめ

日中や、お風呂でのニオイ対策ができている人は多いですが、お風呂上りから就寝中のニオイ対策が甘い人が多いです。

「風呂上がりだから清潔だよね!」と思ったら大間違い!

バスタオルやパジャマ、寝ている間の「汗」を対策しておかないと

朝起きたら悪臭の元になっている可能性大です。

明日を「良い匂い」で過ごすために、今晩からニオイ対策のために少しだけ気を付けてみましょうね。

ポイント ニオイ対策お風呂上り編1、お風呂上りは「体」をすぐに拭く!

2、バスタオルは毎日変えたい!

3、お風呂あがりにかいた汗はふきとろう!

4、清潔な状態を維持することでバランスの取れた肌を作る!

5、パジャマや寝間着も気を付けて!こまめに変えてニオイ撲滅!

そんなに難しいポイントじゃありませんよね。

汗をかいたらふき取る、タオルはこまめに変える、パジャマや布団もこまめにキレイにする。

そして、肌の雑菌を減らすために「専用クリーム」で肌を清潔に保つ。

ちょっとしたことを気を付けるだけで、ニオイがガラッと変わってきます。

毎日続ければ効果がたかまり、気が付いたころには「良い匂い」となっていきます。

「ワキガ臭い」⇒「良い匂い」

ここまで行くには、かなり大変ですし努力とお金が必要です。

手術で対策することも出来ますが非常に高額になっています。

※その分、高い効果を期待できます。

⇒ ワキガの手術ってどれくらい高いのか確認する

見ました?高かったですよね。

ここまで出すのはツライって人には、今回オススメしたような自力で対策していく方法がベストです!

一番大事なのは「就寝中の菌を対策すること」になります。

寝ている間に、自分がリラックスできて長時間の菌対策をするなら「ワキガ専用クリーム」がコスパ的にはオススメになります。

当サイトでオススメしている、お得な「ワキガ専用クリーム」はコチラです。

>>>ワキガ専用クリーム「デオシーク」を公式サイトで購入する<<<