ワキガの原因はなに?わきがを悪化させてしまう要因を徹底解明!

シェアする

私ってワキガかもしれない!?

ニオイがきつくなってきたのは気のせいじゃない!

そんな疑問や、日常生活でのニオイの不安になるワキガは、常に悩みの種になっています。

ワキガは、あなたの生活習慣や環境・遺伝によって「ある日」突然発症したりします。

今までは周りへ気にしないくらいのニオイだったのに、近頃ニオイを感じることが多くなってきたという方は、ワキガや体臭を強くしてしまった原因があるんです。

アナタのワキガが、なぜ発症してしまったのか。ニオイがきつくなる原因はなぜなのかを紹介します。

このページは、こんな人にオススメ

★ ワキガの原因を知りたい人

★ ワキガになるきっかけを知りたい人

★ ワキガのニオイが強くなる理由を知りたい人

デオシーク

ワキガとは

ワキガとは腋臭症(えきしゅうしょう)という、主に脇から発生する悪臭の事を指すものです。

わきの下には、アポクリン汗腺という汗を出す器官があります。

アポクリン汗腺から出てくる汗を、皮膚や毛に存在する雑菌がエサにすることでニオイの原因になっています。

雑菌が汗をエサにしているので、繁殖し、発酵しているような状態になります。

納豆や漬物、チーズといった発酵食品をイメージするとわかりやすくなります。
かなりニオイがキツイ食べ物ばかりですよね。

わきの下で雑菌による発酵が進むことでワキガの強いニオイになっているんです。

アポクリン汗腺 + 雑菌の発酵 = ワキガの悪臭 です。

ニオイの原因のアポクリン汗腺とは

ワキガの原因となる汗を出す汗腺がアポクリン汗腺になります。

体臭が強くなる場所に多く存在している汗腺なんです。

※アポクリン汗腺は、わきの下・耳内・乳首・陰部などのフェロモンを出す場所に多く存在します。

これに対して、全身からでるサラッとした汗はエクリン汗腺からでるものになります。

エクリン汗腺は全身にある汗腺です。

アポクリン汗腺から出る汗には、水分や塩分といった成分のほかに、尿素・アンモニア・乳酸といったサラッとした汗の同様の成分が主だったものになります。

この他に脂質・たんぱく質が加わってくるために、汗の色が乳白色や黄色っぽい色になっているんですね。

アポクリン汗腺の汗はワキガの原因となる汗ですが『汗自体に臭いはありません』そのかわり、粘り気や乳白色・黄色っぽいといった特徴があります。

ポイント

アポクリン汗腺 : わきの下やデリケートゾーンにしかないが、脂質・たんぱく質を含むためにワキガの原因となる

エクリン汗腺 : 全身に分布し、サラッとした水分を多く含む汗を出す

アポクリン汗腺は、人の体に自然に存在している汗腺です。

ニオイが出ることは自然なことです。

ですが、アポクリン汗腺から粘度が強い汗を多く出してしまったりするのは、生活習慣や刺激の多さによって変わってきます。

耳内のアポクリン汗腺は第一次成長期には発達していますが、それ以外の部分は第二次成長期で発達がすすみます。

このため、中学生から高校生の学生時代の生活習慣によっては、ワキガの悪臭につながってしまいます。

体の成長がゆるやかになるにつれて、アポクリン汗腺の発達も落ち着きます。

大人になっても増加し続けることはありません。

アポクリン汗腺からの汗が、皮膚や毛の雑菌と出会うことでニオイの発生元になりますから、その関係を確認しておきましょう。

雑菌とアポクリン汗腺の関係

わたしたちの皮膚や毛には、多くの菌が住み着いています。

目には見えないので普段は気が付きませんが、とても大事な役割がある菌もあるんですね。

その中でも、雑菌やばい菌と呼ばれる菌には、アポクリン汗腺から出る汗をエサにして繁殖しワキガの臭いの原因となっています。

ニオイの原因になるなら、皮膚を清潔にして除菌してしまおう!となりますよね。

しかし、ニオイを出す雑菌を「悪者」とするならば、皮膚や毛の常在菌は「勇者」なんです。

肌を健康に保ってくれ、病気などから守ってくれるメリットのほかに『体臭予防』の効果もあるんです。

皮膚の菌をすべて除菌してしまうと、ニオイが強烈になって逆効果になってしまいます。

ポイント

常在菌 : 病気や体臭対策には、なくてはならない菌。雑菌の繁殖も抑える効果有

雑菌 : ワキガの悪臭の原因となる菌。

アポクリン汗腺からの汗と、皮膚の雑菌(悪者)がワキガの原因となっていることがわかりました。

もしも、あなたがワキガの場合には、アポクリン汗腺からの『汗を止めて』『雑菌の繁殖を防ぎ』『常在菌を生かす』ことでニオイの発生を止めることが出来るんです。

汗を止めて、雑菌の駆除と、常在菌の抑臭効果を高めたいアナタにはワキガクリーム&ボディソープの使用がおすすめです。

>>デオシーク公式サイト<<

ワキガのニオイを自分で嗅げる?

わたしワキガかも・・・?

急いでわきの下をクンクン嗅いでも臭いはわかりません。

自分のニオイは気が付きにくくなっているんです。

一般的にワキガと呼ばれる状態は、周囲へ悪臭をまき散らす状態です。

病院に行っても、ワキガの診断は、担当医の嗅覚にかかってきます。

個人差がでてしまい確実にはわからないんですね。

周囲の人に聞くのは、恥ずかしさと恐怖がありますから、自分で確認する方法をチェックするのが最善です。

ワキガの臭いは
・たまねぎのツンとした刺激臭・お酢のような酸っぱい臭い・生乾きですえた洗濯物の臭い・鉛筆の芯のような臭い・チーズの腐ったような臭い・温泉卵のような硫黄の刺激臭

色々な例えがありますが、どれも近いというだけで最適な表現は難しい臭いになります。

汗臭さとは違った『鼻をつく刺激臭』であればワキガの可能性が非常に高いです。

臭いには個人差があり、ワキガの人が必ずしも同じニオイにはなりません。

独特な刺激臭があればワキガ(腋臭)となります。

ワキガが発症する原因ときっかけ

ワキガはアポクリン汗腺からの汗を原因としますので、汗が出なければ発症することはありません。

体温調節に関係のないアポクリン汗腺の汗を止めることがワキガ対策の第一歩なんですね。

ですが、アポクリン汗腺は誰もが持っている汗腺です。

汗腺があるからワキガになるわけではないんですね。

アポクリン汗腺から汗が出るタイミングを知る事で、汗がでてくるのを対策できるようになります。

そもそも、アポクリン汗腺は遺伝や生活環境で発達していきます。

アポクリン汗腺からの汗の量が少なければニオイの発生までいきませんが、大量に出てしまうと雑菌に見つかってニオイを発生させてしまうんですね。

ワキガの原因は、アポクリン汗腺からの汗が大量に出ることにあります。

何らかの原因で汗が大量に出るようになってしまうからこそ、ワキガになるきっかけになってしまいます。

アポクリン汗腺が活発になるタイミング

・ストレス

・興奮しているとき

・不摂生(食事や生活習慣のみだれ)

・性的な衝動に駆られるとき

アポクリン汗腺からの汗は、昔のフェロモンのかわりだったと考えられています。

視覚よりも嗅覚で判断していた大昔だからこそ強いニオイが必要だったんですね。

ですので、興奮時やストレスを感じるときなどにかく冷や汗なんかはアポクリン汗腺から出ている可能性があります。

アポクリン汗腺の発達は、第二次成長期から急激に発達していきます。

学生時代や新社会人でのストレスからワキガが突然発症してしまったと感じることになるんです。

ニオイの原因には、遺伝による部分や生活習慣・食生活でも変わってきます。

どんな人がワキガになりやすいのか、ニオイがきつくなりやすいのかを見ていきましょう。

ワキガの遺伝

ワキガは遺伝する。と迷信のように伝えられていますが本当です。

一般的にワキガの遺伝子は優性遺伝します。

二重まぶたが劣勢なのに、ワキガが優勢なんて納得したくない部分もありますよね。

これは先に書いたように「大昔はニオイで相手を探していた」ことに由来しているためなんですね。

ワキガの遺伝確率については

⇒ ワキガの遺伝確率を徹底検証!なぜワキガ人口が増えるの?

コチラでも解説していますがポイントをまとめると

ワキガが遺伝する確率まとめ

両親がワキガ : 90%以上の確率で遺伝します

両親のうち片親がワキガ : 75%の確率で遺伝します

片親がワキガなら50%なんじゃないの?と思った人は高校の生物の教科書でもよんでください。遺伝の所に計算の仕方が乗っているはずです。

生活習慣のみだれ

ワキガの発症の原因や、ニオイを強くする原因には偏った食生活や日頃の不摂生があげられます。

健康的に過ごす人ほど、良い匂いになるのはこのためなんですね。

ワキガを助長する生活習慣

・偏食(肉ばかり食べる)

・睡眠不足(自律神経のみだれ)

・ストレス(過度な緊張)

・飲酒喫煙(臭いを増強)

・運動不足(老廃物の蓄積)

生活習慣のみだれから病気になっていくリスクも高いですが、臭くなるリスクも上がっていくんですね。

健康に害があるばかりでなく、ニオイも臭くなってしまいます。

偏食(食生活のみだれ)

偏った食事を続けることで汗に含まれる脂質やたんぱく質が増加してしまいます。

お肉ばかりを食べれば、たんぱく質が極端に増加しますし、辛いものばかりを食べれば汗腺を刺激することにつながり大量の汗をかいてしまいます。

動物性脂肪を多く含む食品ばかり食べたり、香辛料を多く含む辛い食品ばかり食べたりすると、ワキガの症状を悪化させる要因になっています。

バランスの良い食生活が健康の第一歩というように、臭いについても健康的な食生活が効果的になります。

偏った食事を続けてしまったと思うなら、ニオイのためにバランスの良い食事を心がけましょう。

睡眠不足

寝ることは体と脳を休めることで調子を整えていく重要な要素になっています。

体力があるから寝なくても平気と思っていても、次第に体の調子が狂い始めて取り返しがつかなくなっていくんですね。

これが続くと過剰に交感神経を働かせることになります。

すると、汗腺は刺激を受けて汗をだしやすくなってしまうんですね。

就寝中も汗をかくからこそ、寝ている間に悪臭の原因を作らないように適度な睡眠を心がけましょう。

ストレスが汗を多く出す

適度なストレスであれば、体も対応し調子よく動いてくれます。

しかし、過剰にストレスを受けると、胃が痛くなったり白髪が増えたりしますよね。

体に変調をきたしてしまうんです。

これはワキガについても影響を与えています。

継続的にストレスを受ければアドレナリンを出し、アポクリン汗腺からの汗を多くだすことにつながってしまいます。

汗の量が多くなれば、その分ニオイの発生につながってしまいます。

適度なストレス発散を行い汗の大量分泌を抑えていきましょう。

飲酒喫煙

使い方を間違えなければ、適度なストレス発散にもつながりますからニオイのとは縁遠いとも思われがちな「飲酒」と「喫煙」ですが、臭いを強烈にする一因になっています。

少量であればストレス発散効果が大きくなるでしょうが、飲酒や喫煙をたしなむ人は極端な量を摂取する傾向にあります。

これでは、ワキガの発症を促したり、ワキガの臭いを強くしてしまうことがありますので注意が必要になります。


飲酒は汗腺に刺激

汗腺に刺激を与えてしまう飲酒ですから、偏った食生活の時と同様にバランスよく付き合っていくのが大事になります。

深酔いするほど飲んでしまったり、次の日に残るくらい飲んでは、ワキガを強くしてしまいます。

たしなむ程度の飲酒を心がけましょう。


喫煙はニオイを強烈にする

喫煙をすると、タバコの成分が血中に溶け出していきます。

ワキガで無い人でも汗と一緒に外へ流れるために体臭がきつくなっているんです。

これをワキガの人がしてしまうと、ただでさえワキガの臭いがある状態なのに、更に体臭も臭くなってしまいます。

ワキガと体臭があわさって悪臭になっていきます。

タールが健康に悪いだけではなく、依存性のあるニコチンがニオイの原因になっているんですね。

細菌ではニコチンの量を減らした電子タバコも出てきています。

すぐに禁煙は「出来る人」「出来ない人」に分かれますので、自分に合わせた対策をおこなっていきましょう。


運動不足

運動はニオイに関係ないと思われがちですが、体の老廃物を外へ排出せずに中へとため込んでしまいます。

尿素やアンモニアが体内に溜まっていくと考えれば臭くなる理由もうなずけますよね。

適度な運動をして汗をかくことで体内に溜まった老廃物を外へ排出することができます。

同時に、体温調節の汗はエクリン汗腺からの汗になります。

使わないと退化してしまうからこそ、定期的に運動をして汗のニオイがにおわないようにしていきましょう。

ニオイを悪化させる原因

ワキガの臭いがきつくなってくることがあります。

健康に気を使ってニオイ対策をしているはずなのに、ワキガの強さが増していくんです。

そんな時は、普段の生活環境の中に隠れた原因がひそんでいます。

ワキガのニオイを強烈にしてしまう原因を見ていきましょう。

カフェインがニオイをきつくする

コーヒーや紅茶・ワインなどにカフェインが含まれているのは知っていますね。

仕事中に目が覚めるようにとコーヒーばかり飲み続けていると、カフェインの発汗作用によって汗が普段よりも多く出てしまいます。

アポクリン汗腺からの汗の量が増えればニオイの発生源が増える事となり、ニオイが強くなったように感じてしまうんです。

暑い夏にアイスコーヒーばかり飲んで営業活動をしている人が臭うのはそのためなんですね。

汗が出ない状況で飲む分には、カフェインの発汗作用も抑えられています。

コーヒーや紅茶を飲むタイミングを考えてニオイの発生を抑制していきましょう。

エアコンのつけすぎがニオイの悪化につながる

室内の気温を一定に保つためにエアコンが年中ついている会社も多くあります。

ビルの中に入っている施設なら必ずと言っていいほどにエアコンが動いています。

しかし、エアコンで気温を一定に保つことがニオイの悪化の要因になってしまいます。

人の体には、汗で体温を調節していく働きがあります。

暑いときは汗で体を冷やし、寒い時には代謝をあげて体温を上げます。

ですが、一定の気温にしてしまうことで、体温調節の機能を退化させていってしまうんですね。

汗から老廃物を外にだすからこそ、ニオイが発生しますが、体内にため込んでしまうと体の内部からニオイを発することになってしまいます。

体内から臭くなると対処が難しくなるんですよね。

夏場にエアコンで涼しくばかりしていると、汗腺の動きが低下し汗が出にくい状態になります。結果として老廃物が蓄積していきます。

冬場は、外と室内の温度差が大きくなるために室内に入ると、じんわり発汗します。厚手の服を着る冬場は汗をかいたところがムレてしまい雑菌の繁殖を助けてしまうんですね。

結果として臭いニオイがムレて、余計に臭くなります。

体をゴシゴシ洗っている

ニオイ対策で体を清潔にすることは良いことなのですが、ゴシゴシ洗いすぎると逆効果になります。

皮膚には、複数の菌がバランスよく常駐していて健康に保っています。

体を清潔にしようと、気合を入れて洗いすぎれば、常駐菌のバランスを崩してしまいます。

この時に、雑菌の割合が多くなるとニオイがキツクなるんです。

また、皮膚をゴシゴシこすることは、皮脂を過剰にだしてしまうことにつながります。

普段の生活に必要な皮脂まで洗い流してしまうと

お肌「よし!もっと皮脂をだして肌を保湿しましょう!」

と、なってしまうんです。

皮脂は雑菌のエサにもなるため、雑菌が大量に繁殖してしまう原因にもなります。

体を清潔に保つためには、やさしく泡立てて体を洗うことがポイントです。

そのために専用のボディーソープもあります。

ニオイ対策のためのボディーソープはコチラです。

>>デオシークボディーソープがお肌を守る<<

ワキガの臭いと発症は対策できる!

ワキガにならないようにすることや、ワキガの臭いを抑えることは可能です。

程度が軽い人なら、生活習慣の見直しだけで対処できるかもしれません。

原因とニオイがきつくなる理由がわかれば対策は可能ですからね。

ワキガの発症やニオイがきつくなるのを抑えていくことはできるでしょう。

ワキガ対策のポイント

★ アポクリン汗腺を刺激しない

★ 肌の雑菌を減らし健康な肌を保つ

★ ワキガクリームで抑臭する

ワキガを発症してしまっても、ニオイ対策をしっかり行えば周りへのニオイは防いでいくことができます。

ワキガ専用のクリームやボディーソープで肌を健康に保つことが良い匂いになるための秘訣ですね。

当サイトで、もっとも人気のワキガ対策クリームは

デオシーク
デオシークワキガを抑臭する効果で人気が高いワキガクリームが『デオシーク
★ 効果の高さのほかに、セットのボディーソープを使うことで肌も清潔に保ちます。
★ 永久返金保証も付いていますから、万が一効果を実感できなかった時に返金してもうことが可能です。
★ 公式サイト専用の割引があるからこそ、通販限定商品のデオシークでニオイ対策を始めてみませんか